試行錯誤を楽しんでますか?人生を楽しむためのシンプルな手順



みなさんは人生を楽しむために何か「試行錯誤」をしていることはありますか?


試行錯誤とは、「種々の方法を繰り返し試みて失敗を重ねながら解決方法を追求すること (コトバンク|デジタル大辞泉の解説より)」 とあります。


人生を楽しむための指南はいろいろありますが、今もっとも時代に合致した考え方は、「人生を主体的に生きよう!」というものです。


自分で考えて、判断し、行動していく。

新しい時代に、自ら「自分の在り方」を決めて、それを実現させていく。

それは「試行錯誤を楽しむ」ことである、とも言えると思うんですね。


「試行錯誤」に必要なことはこの2つ。

一に「目標を定め」、二に「いろいろ試す柔軟さ」


人生を楽しむためには「試行錯誤」というのは、とても大切です。一つに決めた方法で、目標が達成できれば、それに越したことはないのかもしれませんが、世の中はそうそう単純なものではありませんよね...。


仮に、その一つに決めた方法で「うまくいった」としても、それは「目標自体がそれほど高いレベルのものではなかった」という場合が大半だと思われます。


そのため、目標を達成したとしても、長い人生を楽しむためには、十分に満足できるものではないかもしれません。


試行錯誤というと「やり方を変える」とか、「いろいろな方法を試してみる」ということになりますが、そのためにはまず「目標を定めること」が必要です。


よく、目標そのものが定まっておらず、そのために何をどうして良いか分からないから、いろいろやり方を変える人がいますが、これは本来の意味での試行錯誤ではありません。


あくまで、目標は定まっていて、そこに到達するための手段、方法は決して一つではないと考えるところからスタートするのです。


試行錯誤を楽しむために大事なことは、まさにここがスタートです。


目標に到達するための手段や方法は一つではないということを、意識することから始まるのです。


これを意識しているのと意識していないのとでは、相当に大きな違いが生じてきます。意識していないと、何か行き詰ったときに、どうして良いか分からなくなってしまいます。


ひとつのやり方に固執しない。

目標さえ定めていれば、いくらでも試していける


山登りに例えてみます。まず、頂上に到達するという目標を定めます。目標が定まっているのはいいけれども、ひとつのルートしか知らず、また、一度決めたルートにこだわっていたりすると、うまくいかない時に、立ち往生してしまいます。そうなると、問題を解決しないまま『無理やり強行突破する』か、目標達成を諦めて『引き返す』ことくらいしか、考えが思いつかなかったりします。