あなたは省エネ派?それとも不安回避派? 夢や理想を叶える「必勝法」



夢や理想を叶えるためには「やるべきこと」と「やらないこと」を決める必要があります。また、それをやりきるための「覚悟の育て方」も重要だったりします。


この記事では一人ひとりが元来持ち合わせている性分にフォーカスして二分し、それぞれの覚悟の育て方の違いを書いています。


心身ともに疲弊したくない!という省エネ派は

「マインドセット」を整えることを第一に考えよう!


自分はあまりタフではない...という人は、行動よりも「マインドセット」を充分に行なうことが大事になってきます。心が整っていないのに行動してしまうと、ほぼ間違いなく、つぶれます。メンタル不調や体調不良に陥るだけでなく、夢や理想そのものへの情熱が消えてしまうことがあるので、勢いのある人の言動に流されることなく、ただただ「自分の中にある「行動の火種」が着火するまで、潜在意識へ働きかける」ことを続けましょう。



臆病な人も、夢や理想を何回も口にしていると、

必要な量に達したとき自然に「行動」したくなる

(引用元:出所不明)



そのためにやるべきことはただひとつ。

自分自身に対して「夢や理想を何度も何度も口にすること」です。



考えてばかりだと不安だ!というアクティブ派なら

とにかく「行動」が吉


省エネ派とは真逆なタイプの人は、この限りではありません。


エネルギーに満ちあふれている人に多い印象がありますが、アクティブな人が、行動もせずに考えてばかりいる状況だと、かえってマイナス効果になります。


「常に動いていないと死んでしまうマグロなのだ」と自分を評していた同僚を思い出しますが、じっと「考えるだけ」の時間が耐えられないそうです。


なので周りから「少しは落ちついて考えなよ!」とか、「場当たり的で無駄な行動が多い!」とか酷されても、持ち前の「とにかくやってみよう!」「動きながら都度考えていこう!」「数打ちゃ当たる!」の精神で、ドンドン前のめりで突き進んでいきましょう。


ただし、行動せずに考えてばかりの人を批判するのはナシですよ!


まとめ

多様性が認められつつある世の中です。「考えてばかりじゃダメだ」も「行動し過ぎで、意志がない」など、表面だけ見て一概に批判はできません。それは性分次第で、どちらも間違いではないのですから...。

自己理解を深め、他者理解にも努め「それぞれが自分に合ったやり方でOK」というスタンスを持ち、常識や慣習や成功事例に惑わされず、着実に夢や理想を叶えていきましょう。


関連記事

「幸せの定義」が崩れゆく時代に、自分の人生を充実に導くマジックワード

関連記事

前進するためには行動することが大事だけど「マインドセット」を怠ってはいけない、その理由


#ストレスフリー

■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved