自力で現状打破する!「人生を楽しくする」3か条



人生いろいろ。山あり谷あり。良いこともあれば嫌なこともある。


そんな前提はわかりきっているけれど「毎日が退屈で、人生がつまらない」とお嘆きの方へ。

自分の力で現状打破できる方法があったら、試してみたいと思いませんか? 


この記事では「人生を楽しむために自分でできる“3つの条件”」をご紹介致します。



自分で考え、自分で選び、自らの意思で行動すること


「人生を楽しむため必要なこと」...それは、ずばり言ってしまうと「自分で考え、自分で選び、自らの意思で行動すること」。これが、自ら人生を楽しく演出するための必須条件になります。




■人生を楽しくする3か条■


1. 自分で考える   
2. 自分で選ぶ    
3. 自らの意思で行動する



上記3つを意識することで、主体的になれます。

主体的になるということは「自分が、自分の人生の主人公に戻れる」ということです。



「誰かに守られたい」?「自立したい」?

主体的に行動した結果なら、どちらでも楽しめる


筆者も過去に「毎日が退屈で人生がつまらないな」と悶々としていた時期がありました。


サラリーマンとして就職し、毎月安定した収入を得ていたにも関わらず、その安定が退屈で仕方がなかったんですね。


毎日同じ時間に、同じ場所へ行き、拘束された中で、与えられた仕事をする日々。残業が多かったため、アフターファイブなんてものもなく、平日は働いてご飯食べて寝るだけ。休日は、一日をストレス発散のために買物やレジャーに大金を使い、もう一日は寝だめするという、時間とお金の浪費をしていました。


そうしてストレス発散の後に決まって襲ってくるブルーな気持ち...。


  • 自分は何のために働いているのか?

  • 何のために生きているのか?


安定したサラリーマン生活を続けていながら、日に日に虚しさが募っていきました。



そんな中、収入が低くても自分の好きなことをやって、充実した毎日を過ごし、楽しんでいる友人をみて「はっ」としたのです。「今の自分は、やらされ感で仕事をしているから、ストレスが溜まり、毎日が退屈なのだ」と。


一方で、同僚の中には、会社勤めを楽しんでいるものもいました。彼ら彼女らは「人生で特別やりたいことなどない。平凡に暮らせることが何よりも幸せ。だから、給料の高い会社に入れた嬉しい」と言っていました。


要するに、同僚は「誰かに守られている」ことを自ら望み、選んだ。友人は「自立すること」を自ら望み、選んだ。


周りの評価軸に惑わされることなく、「自分で考え、自分で選び、自らの意思で行動した」結果、人生が楽しくなったのです。


まとめ


人間が人間らしく生きる条件。それは「自分で考え、自分で選び、自らの意思で行動すること」につきます。


「考え」や「選択」や「行動」を強要されることほど、窮屈で生産性もなく、屈辱的なことはないのです。






関連記事

人生はきれいごとばかりではないけれど、「きれいごと」を言わずに何を言う?



関連記事

人生100年時代を有意義にする「新しい娯楽」とは?



関連記事

仕事で悩みがあるけど相談できる人がいない!気軽にできる相談方法を紹介




■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved