「失敗や批判されるのが怖い」の正体とは?後戻りできない不安との向き合い方





「失敗や批判されるのが怖い」という人は、

 対処法のストックが不足している


長い人生の間には「人生の岐路」はいくつもあり、自分の大きな決断が、これから先の自分の人生を大きく左右することになります。


子どもの頃は親や親戚、近隣住民や学校の教師など、多くの大人達に守られていました。庇護されて成長していき、子どもであるからこその無鉄砲さで「自分の思いのままに行動する経験」は誰しも身に覚えがあるでしょう。


当然ながら、子供のうちに「自らの失敗を、自分自身で都度対処をしてきた経験」はないに等しいため、社会に出てからも「思うがままに行動」をしていると痛い目に合います。



未熟さ故の悩み


失敗したときに全面的にフォローしてくれる人もいなければ、きれいに自己解決する術も知らないので、一人立ちをしてまだ年月が浅いうちは、多くの人が悩み、苦しみます。



それでも、未熟なりにも上手く対処していければ良いのですが、現実には試練を積み重ねることになります。「自分に限っては、きっと環境に恵まれ、大した苦労もせずに世の中を順風漫歩に渡っていけるはず...」と思うほど甘くないのが人生です。



そんなこんなで、次第に、新しいことにチャレンジしたり、自分自身で大きな決断をして前に進むことができなくなります。その先の状況を考えて足がすくみチャレンジできないケースがどんどん増えていくのです。



社会人になれば、会社や社会の中で、大人としての「責任」と「役割」を求められるようになります。仕事やプライベートの人間関係でも失敗すれば批判されて、自分に自信をなくしたり、落ち込む場合が出てきます。



さらには、大きな失敗などで周囲の批判を受けて傷ついてしまうと、周囲の反応が怖くなって「大きな決断」や「一歩進むこと」が、できなくなる場合もあるのです。


失敗や批判されるのが怖い」

この不安感の根底はどこにあるのか?