理想と現実のギャップに苦しむときの「取捨選択」にコンセプトあり



理想を高く持つこと自体は何の問題もありません。ですが、高過ぎる理想に自分の気持ちや行動が追いつかなくて、イライラして愚痴をこぼしたり他人を嫉妬したりするようでは、人生がもったいないので「理想の見直し」が必要です。



「高い理想」に行動が追いつかない。どうすればいい?


「高い理想」に行動が追いつかない。そのような場合は大抵、現実とのギャップを埋めるためにやるべきことが見えていないか、やるべきことが細かく多すぎるために、考えるだけで既に疲弊してしまっていることが原因だろうと思われます。

よく言われることに「高い山に登るために、中継地点を設けて、行動のハードルを下げよう」がありますが、理想とのギャップでイライラする場合は、これに該当しません。確固たるコンセプトは例え目の前の障壁が高くとも「攻略すること」を考えることさえも楽しいものなのです。


なので、理想とのギャップにイライラしてしまう人が取り組むべきことは、

  • コンセプトを見直す

  • コンセプトを持たない場合はすぐに検討して、方針を決め切ること

です。

コンセプトを持つことで、

「意識」=「考えること」の的が絞られる


コンセプトを決めるには、まず「在りたい姿(理想)を明確にすること」です。

在りたい姿を明確にすると「自ずとそのためにやるべきこと」が見えてきます。

情報過多な世の中で、周囲に流されず、自分の理想を実現させるために意識を集中することが何より大切なのですが、そのために起点となる「コンセプト」を決めておくと、理想へと近づくための「取捨選択」が格段に楽になります。

もちろん「言うが易し」で、確固たるコンセプト決めるには時間と忍耐が必要です。簡単そうでいて実は難しい行為ではありますが、取り組む意味は大いにあります。


理想と現実のギャップに苦しみ、焦りからイライラが募っているのなら、ぜひとも自分の理想を実現するための「コンセプト」を持って、足下から固めていくことをおススメします。




まとめ


理想と現実のギャップに苦しむときこそコンセプトを持って、有効に「取捨選択」をしていきましょう。理想とのギャプでイライラすることが激減すること受け合いです。



関連記事