周囲の批判が怖くて行動できない人へ「無言実行」のススメ





何故、人は「ヒトを批判をするのか?」


誰かの「感想」や「考え」や「決意表明」に対し、とにかく批判する人っていますよね。その批判に一貫性があったり、代替案を出してくれたりするのなら、まだいいのですが、ただの批判を耳にするのは不愉快極まりないです。ここで心の中で憤慨し「何くそ」と思えるならば問題も少ないででしょう。ですが、いつも近くにいる人に、年がら年中、批判を受け続けていたらどうなるか?それは、必ず心が疲弊し、いつしか「自分」というものを失ってしまいます。意志を支配されてしまうのです。そのような状況になる前に、批判的な人から距離を置くことが必要です。

無言実行のススメ


そうは言っても「すぐにはそんなことできないよ」という人は、必ずや成功するという決意を持って、「無言実行」をすることをお勧めします。

批判されて真に受け、批判した人の言う通りに従って、誰が喜ぶというのか?それは間違いなく「批判してきた人物」です。


『批判してきた人物の「欲求」を満たすために私は生きているのだろうか?』...そう考えると怒りが込み上げてきませんか?

「私は私の人生を生きる」

他人からの批判に心を痛めそうになった時には、まず、この言葉を思い出してほしいです。


問われる「前例」や「確実性」をねじ伏せるには、

「結果」で見せるしかない



勝てば官軍負ければ賊軍」という言葉をご存知でしょうか?


戦いに勝ったほうが正義になり、負けたほうが不義となる。道理はどうあれ強い者が正義者となるというたとえ。

コトバンクより



「批判」が持つネガティブパワーに打ち勝つためにも「結果」を出す。上手くいった「現実」を目にすれば、「できるわけない」などとい