周囲の批判が怖くて行動できない人へ「無言実行」のススメ





何故、人は「ヒトを批判をするのか?」


誰かの「感想」や「考え」や「決意表明」に対し、とにかく批判する人っていますよね。その批判に一貫性があったり、代替案を出してくれたりするのなら、まだいいのですが、ただの批判を耳にするのは不愉快極まりないです。ここで心の中で憤慨し「何くそ」と思えるならば問題も少ないででしょう。ですが、いつも近くにいる人に、年がら年中、批判を受け続けていたらどうなるか?それは、必ず心が疲弊し、いつしか「自分」というものを失ってしまいます。意志を支配されてしまうのです。そのような状況になる前に、批判的な人から距離を置くことが必要です。

無言実行のススメ


そうは言っても「すぐにはそんなことできないよ」という人は、必ずや成功するという決意を持って、「無言実行」をすることをお勧めします。

批判されて真に受け、批判した人の言う通りに従って、誰が喜ぶというのか?それは間違いなく「批判してきた人物」です。


『批判してきた人物の「欲求」を満たすために私は生きているのだろうか?』...そう考えると怒りが込み上げてきませんか?

「私は私の人生を生きる」

他人からの批判に心を痛めそうになった時には、まず、この言葉を思い出してほしいです。


問われる「前例」や「確実性」をねじ伏せるには、

「結果」で見せるしかない



勝てば官軍負ければ賊軍」という言葉をご存知でしょうか?


戦いに勝ったほうが正義になり、負けたほうが不義となる。道理はどうあれ強い者が正義者となるというたとえ。

コトバンクより



「批判」が持つネガティブパワーに打ち勝つためにも「結果」を出す。上手くいった「現実」を目にすれば、「できるわけない」などという批判は、口から出てこられません。例え、引き続き屁理屈が飛んできても、屈することはないでしょう。結果が出ていれば良いのです。その頃には自分自身の内面にも変化が起こっていて、ちょっとのことではへこたれない強い心が身に付いています。「結果」を出して、次のステージへと移りましょう。


なぜ「無言実行」なのか?


ところで、なぜ「無言実行」なのか? それは、結果が全てである人達に、何も成し遂げていない自分が、わざわざ自ら「在りたい姿」を話しても意味がないからです。建設的な意見をくれるわけではなく、応援してくれるわけでもない人に、理想や目標を事前に話したら何が返ってくるか?...ご想像の通りです。批判してくる人が身近な人なら尚更です。結果が出るまで「有言」は慎みましょう。

まとめ


勝てば官軍。現実(理想を実現させた結果)を目の前にしてなお「批判」する人などいない。

仮に、まだ居ても「その時には」既に気にならなくなっている。



関連記事

誰にも言いたくない「職場の人間関係のストレス」とどう向き合えばいい?自分ひとりで解決するための考え方

関連記事

あなたは省エネ派?それとも不安回避派? 夢や理想を叶える「必勝法」



#ストレスフリー

■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved