新しいことへのチャレンジ!「やりたいことをやりきるために、地味だけど実は大切なこと」


新しいことにチャレンジしたいと思っても「なかなか最初の一歩が踏み出せない!」と、お嘆きの方は案外多いようです。「あの時やっておけば...(涙)」と後悔をした経験も沢山あるのではないでしょうか。


やりたいことをやる切るためには、何が必要なのか?

それには、気持ちや気合いの問題だけではなく、地味だけど実は大切な「こと」があるんです。



最初の一歩を踏み出したいのなら、

『自分だけでなく、他人を説得』しよう



新しいことをチャレンジしたいと思ったときに、障害になるのは自分自身のほかに周囲の人間がいます。「やってみたいのだけど...」と話をしたら、「やめておきなよ」と止められてしまうということは、よくある話です。


逆に考えれば、反対する人をうまく説得することができれば、新しいことをチャレンジした時に成功できる可能性も高くなるともいえるわけです。


やりたいことがあるのに一歩を踏み出せない理由は、「行動したい理由」より「リスク(不安要素=(失敗))」が勝っているからに他なりません。ですので、自分で自分を説得するためにも、まずは「他人を説得すること」が大事であるんですよね。


また、他人を説得するコツを知っておくことで、環境を「反対」から「応援」に変えることができ、それはそれは大きな自信につながります。そして、その自信が担保となり、新しいことに臆せず勇敢にチャレンジしていけるのです。

他人を説得するコツは

「納得」してもらえるように

「説得」すること



他人を説得するコツは、自分の意見を相手にぶつけるのではなくて、納得してもらえるように説得することです。


やりたいことがあるときは、つい自分の意見を相手に押し付けてしまいがちですが、意見を押し付けられると人は内心で「少しいいかも」と思っていても、ついつい反対意見を言ってしまったりするものです。


意見を押し付けるのではなくて、相手に共感してもらうように話を持っていきながら説得していくのがポイントです。

まとめ


「やりたいことがあるけど、一歩を踏み出せない」というのは、見方を変えると「目の前に大きなチャンスが出現している証だ」、とも言えるでしょう。