自分の中の本気を育てる。今こそ「楽しく仕事をする」の実現へ



始めることでしか見えてこないものって、確かにありますよね。


自分が好きだと思っていることでも、実際にやってみると「そうでもなかった」ということは良くある話です。


仕事でもそうです。自分が好きなことを仕事にしたいと思って、その業界に飛び込んでみたはいいけど、実際に働いてみると「全く楽しくない」ということに気がつきます。


ただ、これは、別に悪いことではありません。


頭で考えたり心で感じているイメージと実体は「往々にして違う」ということを、身を持って体験することは、人生において“価値ある糧”になるからです。


ところで、実際に「楽しい」とは、どういうものなのでしょうか?


楽しいことを考え続けることは、楽しい



以前読んだ本に、その解がありました。



七つのスタートアップ企業(起業したばかりの企業)に参画してシリコンバレーで「伝説」と称される実業家、熊谷芳太郎さんは、お会いするたび同じセリフを言います。

「仕事が楽しいから、いろいろと考える。いろいろと考えるから、仕事が楽しい。そもそも、楽しい仕事しかしていない」


(『クリエイティブ思考の邪魔リスト』瀬戸和信(著)より)


つまり、「考えていると何だか楽しい」と思う“対象”に注目すれば、それが、自分にとって“真の楽しいこと”であると言えます。



私事になりますが、今から3年ほど前に最初のブログを開設した時は、記事が思うようにかけずに時間ばかりを消費していました。

何もアウトプットはできていないという、いわゆる「非生産的」な時間の使い方をしていたのですが、頭の中では、記事の構成について、ずっと考え続けていました。