「で、自分はどうしたいのか?」最後は自分の感覚が頼り。そんな時代に




最終的には自分の感覚で決める


先日、NHKのごごナマに出演していた五木寛之さんが「人生100年時代」をテーマに、その生き方を世代ごとにアドバイスをされていたのですが、以下の言葉が強く印象に残っています。

(前略)...水は飲むべきだ、飲むべきじゃないとかいわれているが最終的には自分の感覚が大事。やってみてマズいと思ったらやめればいい。


TV出た蔵「ごごナマおしゃべり日和「五木寛之 “100歳人生”を生き抜くヒントとは」より)

まさに、その通りだなと、つくづく思いました。


ブルース・リーの名台詞「考えるな。感じろ」の真意


「最終的には自分の感覚が大事」であるのは、現役世代にも言えることですよね。


一生に一度あるかないかの人生の節目であったり、意志表示のスピードが求められる仕事の現場では、その決断力や判断力の力差で、未来の展開が大きく違ってくることは、誰もが思うことでしょう。


それ故、どうしても、頭で考えて、考えて、考える。


腹が決まっていない場合、考えれば考えるほど、頭の中が混沌としてきて、決めきれないという事態になるのです。



ブルース・リーの名台詞「考えるな。感じろ」には、続きがあるそうで、そこに真意が隠れていました。

考えるな。感じろ。それは月を指差すようなものだ。指を見てちゃ栄光はつかめないぞ。


ビジネス読書会ブログ「あの名セリフ「Don’t think. FEEL!」の後に続く含蓄に富んだ言葉、知ってますか?」より)

これは道元禅師の禅問答「月を指す指の話」からの引用であるそうです。

真実は言葉とは何の関係もない。真実は空に見える明るい月に例えることができます。言葉は、この場合には、指に例えることができます。指は月の位置を指すことはできますが、大事なのは指ではありません。指にこだわっていては月を見ることはできません。真実にたどり着くには指を越えてその先の月を見なさい。


yahoo!知恵袋「ブルース・リーの「考えるな、感じろ」という有名な台詞は、どういう意味ですか?」より)


つまりは、「手段にばかりに気を取られていては、自分にとっての正解は見えない。“自分の在り方”に意識を向ければ、自ずと答えは見えてくる