失敗や批判されることを極端に恐れない。勇気と行動力が高まる「格言」を紹介



「失敗」や「批判を浴びる」ことは行動した証し。

自分を褒めてあげよう


学校での成績が重視される学生時代には「ミスをしない」ことが試験でとても大事になるため、失敗や否定されることを極度に恐れる人が現代では大勢いるとされています。

失敗が怖い余りに、行動したいのに行動できない。そんな人は、昔の人が残してくれた格言をマインドセットして、生き方を変えてみるのが良いでしょう。





私の仕事は99%は失敗の連続だった


これは本田技研創業者、本田宗一郎の言葉です。このような偉人でも失敗ばかりということは、失敗はむしろ当たり前くらいの気持ちでチャレンジしなさいと解釈できます。





笑われて、笑われて、つよくなる


こちらは作家の太宰治の格言です。太宰は今でこそ、高くその文学性が評価されていますが、存命中は生活苦に悩み、精神的にも疾患を抱えるなど、苦しい人生を送っていました。しかし、そんな太宰の『人に笑われて、失敗を指さされた経験』こそが強さだ、というメッセージが読み取れて、勇気をもらえる格言です。





失敗とは転ぶことではなく、

しゃがみこんだままでいることだ


著名な女優でありプロデューサーでもあるメアリー・ピックフォードのこの言葉には、失敗を恐れる人に対する『警鐘』が含まれています。『恐れるばかりで何もしないほうがまずい』...そのように背中を押してくれる格言です。



頭では理解しているけ