自分らしく「より良い人生」を送るために意識したい、たったひとつのこと




「幸せであること」ではなく「努力が楽であること」を

選べば、人生はすごく楽しい


「幸せになりたい」とは、誰でも願うことだと思います。また、「自分らしく生きたい」とも、多くの人が望むことでしょう。ですが、「幸せであること」を求める行動と、「自分らしく生きるため」にとる行動では、その方向性は大きく異なります。


なぜならば、幸せであることが 「世間一般の価値観」で図ってしまいがちなのに対し、自分らしく生きることは 「自分のアイデンティティー」によるものだからです。


人生の様々な選択を 「幸せであること」 を基準にしていると、「自分らしさ」 を抑える必要が出てきて、その葛藤に人知れず苦しむことになります。


  • なぜ、自分らしさより、幸せを選ぶのか?

  • 自分らしく生きる選択をすれば、幸せは遠のくのか?


いえいえ、そんなことはないです。


自分らしく生きることは、何よりも 「幸せ」 なことですし、誰でも、自分らしく、幸せに、「より良い人生」 を送ることができます。


ただ、そのためには、ひとつだけ、意識すべきことがあるんですね。


自分らしくより良い人生を送るための、人生の選択


自分らしい人生を送りたいと願った時、必要な考え方があります。


それは、

  • 他者の価値観、過去の常識をなぞらなくても良い

  • 信念は変わっても良い

と自己を肯定することです。


また、世間から聞こえてくる「幸せの価値観」にひっぱられることなく、「自分ならではの人生かどうか?」という問いを常に持つことが重要です。


一般的な「幸せな人生モデル」といえば、結婚をして子供を作り、一戸建てを建てて、定期的に海外旅行に行く...というような人生ですし、実際に多くの人が、そうした人生を模索し、目指しているでしょう。


ただ、結婚はできても子供はできないとか、一戸建てが建てられなくて賃貸マンションで精一杯などの事情がそれぞれにあると、「自分の人生は本当に価値のあるものなのか?」と考えてしまいますよね…。