変わりたい!自分らしく生きるために「曖昧な願望」は明確にすべき理由とその方法



曖昧な願望は、行動力が上がらず、チャンスの巡りも悪い


自分らしく生きるために、新たに挑戦したいことや、やってみたいことがあるのだけど、それを他人に伝え、理解を得ようと思うと、うまく言葉にできないことってありませんか?


チャンスや機会は他人が運んでくるものですが、曖昧な願望では思うほど行動力が上がっていきません。


また、他人に話をしても、それが正確に伝わらないため、チャンスの巡りが滞ってしまいます。


例えば、親元を離れて一人暮らしをしたい。家族を連れて見知らぬ土地に移住したい。人生で初めての転職をしたい。副業をしたい。起業したい、などなど。経験者にとってはすぐに具体的な行動計画を見通せたり、現状から変化した後の生活をイメージすることは容易いことですが、初心者にとっては、難しいことですよね。


ですが、新しいことにチャレンジしよう!現状を変えよう!と思い立った時のエネルギーはものすごく高いので、最初の一歩を踏み出す最大のチャンスです。是非とも、ムダなく活用したいものです。


そのためにも、常日頃から「自分らしさとは何か」を知っておくことが大切なのですが、更にもうひとつ、大切なことがあるんです。


思い立った瞬間の高エネルギーが加速する

「共感者の存在」


有言実行ではないですが、「変わりたい想いやビジョン」を人に話すことで自分を鼓舞することが出来ます。そして、その時に、話相手から「いいね!」と後押ししてもらうことが、どれほど心強い支えとなり、気持ちを維持するための力になるものか。多くの人が想像できるでしょう。

単なる理想を口にしているだけでは、協力者や有益な情報を得ることはできないんですよね。現実的な見通しや具体的な計画がないと、協力してくれる人や有益情報はおろか、同志からの「共感」さえ受け取ることができないのです。

願望は、可能な限り具体的に固めたうえで、他人に話したり相談するのが望ましいです。




自分らしく生きるために、

曖昧な願望を明確にする方法


では、曖昧な願望を明確にするには、どうしたら良いのでしょうか?