仕事をしながら夢を叶えた!夢の実現者は、陥りがちな理想と現実のギャップをどのようにして埋めていったのか?



人には叶えたい夢があるものです。そして、その夢のためにも全力を傾けたいものです。


とはいえ、仕事に追われてしまう日々で、なかなか夢に近づけないこともあるはずです。中には、描く夢と現実とのギャップに打ちひしがれ、結果的に夢を諦めてしまった、という人もいるでしょう。


その一方で、仕事をしながら夢を叶えた人もいますよね。そうした人は、一体、理想と現実のギャップをどのようにして埋めていったのでしょうか?


気になるところです。


夢を叶えた人達に共通するプロセス


夢を想い「努力を続け」、夢を叶える「選択と決断」をする


ギャップを埋めるためのプロセスは様々かと思われますが、夢を叶えた人達に共通して言えることは「ひたすらに夢を想い続け、そして努力し続けること」です。


そもそも多くの夢は、努力することなく叶うことは少なく、頑張った者だけが実現することができます。ですから、基本は夢に向かって日々生きることです。


その姿勢を持ち続ける限りは、メンタル面においても、そう簡単にはギャップに負けてしまわないはずです。


それでも、夢に近づけている実感が持てずに、現実という壁の大きさに負けてしまう人もいるでしょう。こうしたケースは非常に多く、また、年も取っていきますから、年齢的なことを諦める理由に使うことも良くあります。


このような現実的な壁にぶつかった時に、どのような「選択肢」を持ち「決断するか」?

ギャップを埋めるための分かれ道になります。


ギャップを埋める方法は、この【二択】です

①変化を選ぶ ②拒否をする


もしもギャップが大きくなり夢を遠くに感じ始めた時、二つの選択肢が現れます。一つは夢を諦めてしまうことであり、もう一つは夢に向かって舵を切ることです。


前者の場合はそこで夢を追う人生は終了となりますが、後者の場合は夢に大きく近づけるチャンスがあります。


仕事が理由で理想とはかけ離れた人生になっているのなら、夢に少しでも近づけるように、例えば仕事を変えて人生を転換させるのも良いでしょう。


夢のために仕事の方向転換をするのは大きな決断ですので、大抵の場合は安定した仕事を取ってしまうのですが、一方で、一大決心ができる人は現実と理想とのギャップを埋めていくことができ、やがては描いていた夢に辿り着くことができるのです。



まとめ


いかがでしたか? やはり、理想と現実のギャップを埋めるためにも大前提があり、正攻法や近道を探す前に、まず、「どのようにして夢と向き合うか」という意思を忘れてはいけない。そして、自分の夢に真摯に向かい合い、努力し続けられる人こそが、ギャップを埋め、夢の実現者となれるのです。


関連記事

時間をかけて育てるということ


関連記事

『願いが叶わない!』と怒りが湧いてきたときの処方箋


関連記事

『努力は報われるのか?』不安な気持ちを解消する言葉


■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved