人生を楽しんでいる人の「人付き合いの流儀」に学ぶ。ムリをしない自分軸の持ち方は?



私たちが社会で生きていく上で大切な「人付き合い」。


人生を楽しくするのも、退屈にするのも、その人が持つ「人付き合いの流儀」によるところが大きいですよね


人生を楽しんでいる人は、人付き合いも上手です。適度な距離をとりながら、自分も相手も不快にならないようにコミュニケーションをとられています。


人生を楽しんでいる人は、一体、どのような流儀を持っているのでしょうか?



それは...


自分も相手も不快にならない人付き合いの秘訣は、

「ムリをしない」という自分軸を持つことにあるようです。



人生を楽しんでいる人の「人付き合い」の秘訣


多くの人が想起する「人生を楽しんでいる著名人」といえばタモリさん。

書籍「『タモリさんの成功述』内藤誼人(著)」から、人生を楽しむための「人付き合い」の秘訣を一部ピックアップしてご紹介します。





■人生を楽しむための「人付き合い」の秘訣|その1


心理学には、「類似性の原理」というよく知られた原理がある。自分とよく似た人(類似した人)とお付き合いしたほおうが、お互いラクだ、という原理なのであるが、お付き合いする人間は、なるべく自分と似た人を選ぶのがベターだ。


要約すると、

① 人間、ムリをしないのが一番

自分と良く似た人とは、マインド(人生の目的意識)が同じ人だと、理解します。


表層的な趣味や職業、育ってきた境遇が違っていても、「人生の目的意識」が似ている人とは、不思議と自然に仲良くなれるんですよね。


逆に言うと、表層的な共通点だけで人付き合いをしていると、次第に精神が疲弊してきて、心身も希望も壊れてしまうということです。例えば、社長になりたいから社長と交流する…、セレブに憧れるからセレブが良く行くお店に通う…、ステータスが欲しいから大企業に就職する…など。そんな経験、ありませんか?



■人生を楽しむための「人付き合い」の秘訣|その2