働き方改革が進むと「ストレスフリーな生き方」を選べるようになる?



最近「働き方改革」に関する話題が増えていますね。


先々月の7月24日には政府主導の国民運動「テレワーク・デイ」が実施され、927の企業が参加したそうです。大企業が中心なので、参加企業に属していない私たちには、まだまだ他人事として見聞きしてしまいますが、しかしながら着々と、世の中は変化しているなと感じます。



働き方改革が進むと、

ストレスフリーな生き方を「選べる」ようになる?


働き方が変わったら、どうなるか?…。


様々な推論があると思いますが、私は、より多くの人がストレスフリーな生き方を「選べる」ようになるのではないかと考えています。


そんな予測から「コンセプトのある暮らし」を意識しているか否かによって、「選択の自由度」に差が生じるてくるんだろうなと思うんですね。


そもそもなぜ、国は「働き方改革」を推進しているのか? 一口に言ってしまえば「人口減少で、人手が不足するから」です。すると「男性中心の労働者だけでは手が足りないので、女性や高齢者、外国人にも、働いてほしい」となり、そのためには「女性や高齢者、外国人が、働ける労働環境を整える必要がある」ということで「働き方改革」が進んでいるんですね。


個人レベルでは、現実味がない話だと感じている方もいると思いますが、政府から大企業へとその波は川上から確実に流れてきています。



時代は変わった


安易な言葉ですが、時代は変わりましたよね。人々の意識が変わりつつある。

すなわち、常識がすり替わろうとしているんです。


それは「どう生きるか?どう働くか?」という問いを、誰もが真剣に考える時代になってきた、ということだと思うのです。


時代の流れを鑑みずに、昔の人が歩んだモデルをなぞっているだけでは、後悔します。きたるべき時が来たときに、すぐに変化の波に乗れるように、準備をしておくことが必要です。


「ストレスフリーな生活なんて、ただの理想論でしょ」

なんていっていては、もう本当に変われませんよ!


「どう生きるか?どう働くか?」を考える上で重要なキーワードが

「ストレスフリーな生き方」です。


ストレスフリーな生き方とは「精神」と「仕事」の充実を図ること、と定義します。



「精神」と「仕事」の充実を図るためには、視点の転換が必要です。

損得ではなく、真実
世間体ではなく、自分



世界に目を向け、将来を見据え、現実的に、堅実に生きることは、いつの時代も大切です。ですが、もし「精神」と「仕事」に充実感がないという人がいたら、私は熱く語ってしまうのですが、それよりも何よりも先駆けてやるべきことは「原点」を理解すること、地に足をつけることです。


「木を見て森を見ず」ということわざでは、一部だけ見ずに、全体を把握する大切さを教えてくれていますが、場合によっては「木をみず、森ばかり見ている」状態に陥ってしまうことがありますすよね。


しかしながら、


「精神」と「仕事」を充実させるために必要なのは、

まず「木」を観ることなんです。

まずは、自分。


会社または社会に貢献したければ、まずは「自分」を良く観察し、あるがままの現状を客観的に理解することが先決です。


  • 森のために木があるのか、木があるから森が存在し得るのか。

  • 会社のために自分は存在するのか?… 


適材適所のマッチングがされていく流れの中で、自分が活きる「条件」を知り、自分自身が「納得する」ことから、始まります。


つまり、それは、原点であり、原理原則です。


自分が活きる「原点」、自分が活きる「原理原則」は、実生活の中にあり、すでに日常化している場合がほとんどです。

「既に備わっているものに注目し、

日々磨き上げていくこと」で

自然にコンセプトがある暮らしに移行できる


原点であり、原理原則を知るためには、次の3つの質問が欠かせません。


  1.  自分はどう在りたいのか?

  2.  なぜ、そう在りたいと思うのか?

  3.  そうあるために、やるべきことを、自分は受け入れられるのか?



これらを整理して、最終的に合点がいく 『こたえ』 が、自分自身の原点になり、原理原則となるのですが、これを 『コンセプト』 といいます。


デザイン制作において、特にパッケージデザインを制作するときに、依頼主へのヒアリング内容のなかの 『商品コンセプト』 に該当します。


パッケージデザインを具現化する際に、肝になる部分です


「コンセプト」というのは、クリエイティブワークにかかせないものなのですが、クリエイティブワークと自己実現は似ているんですね。


この思考のプロセスを転用すると、心がワクワクして行動力があがってくるんです。変化したいけど不安感のほうが強くて行動できないという人に、特におススメです。

まとめ


自分の原点を知り、原理原則に従う。人生において「精神」と「仕事」の充実を得ること、それ自体も、シンプルな意義であるんですよね。


人は簡単に変われない?


いいえ。今、世の中の常識が大きく変わるときが、自分を変える絶好のチャンスなのです!





関連記事

変わりたい!自分らしく生きるために「曖昧な願望」は明確にすべき理由とその方法

関連記事

デザイン思考で実践する「ストレスフリーな生き方」とは?




■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved