働き方改革が進むと「ストレスフリーな生き方」を選べるようになる?



最近「働き方改革」に関する話題が増えていますね。


先々月の7月24日には政府主導の国民運動「テレワーク・デイ」が実施され、927の企業が参加したそうです。大企業が中心なので、参加企業に属していない私たちには、まだまだ他人事として見聞きしてしまいますが、しかしながら着々と、世の中は変化しているなと感じます。



働き方改革が進むと、

ストレスフリーな生き方を「選べる」ようになる?


働き方が変わったら、どうなるか?…。


様々な推論があると思いますが、私は、より多くの人がストレスフリーな生き方を「選べる」ようになるのではないかと考えています。


そんな予測から「コンセプトのある暮らし」を意識しているか否かによって、「選択の自由度」に差が生じるてくるんだろうなと思うんですね。


そもそもなぜ、国は「働き方改革」を推進しているのか? 一口に言ってしまえば「人口減少で、人手が不足するから」です。すると「男性中心の労働者だけでは手が足りないので、女性や高齢者、外国人にも、働いてほしい」となり、そのためには「女性や高齢者、外国人が、働ける労働環境を整える必要がある」ということで「働き方改革」が進んでいるんですね。


個人レベルでは、現実味がない話だと感じている方もいると思いますが、政府から大企業へとその波は川上から確実に流れてきています。



時代は変わった


安易な言葉ですが、時代は変わりましたよね。人々の意識が変わりつつある。

すなわち、常識がすり替わろうとしているんです。


それは「どう生きるか?どう働くか?」という問いを、誰もが真剣に考える時代になってきた、ということだと思うのです。


時代の流れを鑑みずに、昔の人が歩んだモデルをなぞっているだけでは、後悔します。きたるべき時が来たときに、すぐに変化の波に乗れるように、準備をしておくことが必要です。


「ストレスフリーな生活なんて、ただの理想論でしょ」

なんていっていては、もう本当に変われませんよ!


「どう生きるか?どう働くか?」を考える上で重要なキーワードが

「ストレスフリーな生き方」です。