Google検索で自分を変える。最適な「教本」を探すシンプルな手順



本は好きですか?どんな時に読みますか?


私は、自分の考え(主観)に筋道をつけたいときに賢者や識者による解を求めて本を探しにいきます。新しい知識を仕入れたり、時には心を癒すために、利用することもあります。


本を読む目的は「相談相手」としてであり、様々な人生の局面で「本」を頼りにしてきました。



自分に合った「メンター」には巡り会わないけど、

自分に合った「教本」なら簡単に見つかる


本来は、メンターと呼べる「人」がいると良いのですが、特定の人にはなかなか巡り会えないのが現状です。


メンターと呼べる「人」に出会う方法としては、職場の先輩や上司、または、セミナーや講演会に参加するなどがありますが、距離感に戸惑ったり、目に見えないものに飲み込まれてしまう場合があるのが難点です。


本をメンターにする最大の利点は、何よりもリラックスできるという点にあります。また、リラックスした状態で、マイペースで自由に、何度でも振り返ることができますし、必要な時に必要な言葉だけをピンポイントで受け取ることが可能なのもいいんですよね。




本とは、著者が精魂を込めて自分の知識や経験を惜しげもなく文章にした「知恵の結晶」です。それがたった1,000円~2,000円で買えるのですから、こんなに費用対効果に優れたものはありません。

(『人生を変える「メンター」の見つけ方とは?』より引用)




自分に合った「教本」を探し当てるコツを掴んでしまえば、本は、「気軽に・いつでも・すぐに」接触できるメンターとなり、資産となります。




自分を変える「教本」を見つけるシンプルな手順

「何が知りたいのか?」の視点 + Google検索


今は検索の時代ですので、知りたいことがあればGoogle検索することで簡単に回答が得られます。もちろん、自分に合ったメンター本を、手早くピンポイントで探し当てることも可能です。


メンター本を手早くピンポイントで探すコツは、シンプルに「何が知りいのか?」という視点を持ってキーワードを選ぶことなんですが、



何を読むか決めるときに重要なのは、自分のなかの指針とプロセスです。私の方針はシンプルで、基本書は1冊しか読まないようにしています。ですから、可能な限り網羅しているほうがいいと考えます。そしてプロセスというのは、あたう限り網羅的な基本書を探すプロセスです。