『願いが叶わない!』と怒りが湧いてきたときの処方箋



みなさんにおかれましては、現在、逆境の中にいたり 「もう少し○○だったらいいのに…」と自分の人生をよりよくしたいと願い、現状を変えるために、心技体を高める努力をなされているかと思います。


しかしながら、心技体のバランスは充分で、いつ実現しても変化を受け入れる準備はできているのに、なかなか実現しないよというケースがあると思います。


「こんなに努力して、準備万端なのに、なぜ現実にならないのか!」と誰にぶるけるでもない怒りが込み上げてきた時は、あと一歩です。


ここでやるべきことはただひとつ。


それは 「現実化を阻止している原因(こだわり)を手放すこと」 です。


手放すとは 「 認識を変えること 」


わたくしごとで恐縮ですが、社会人になって数年程、好奇心で喫煙していた時期がありました。ですが、体質にあわなかったようで、タバコを吸うと何もする気がなくなるという、なんのリフレッシュ効果もなかったんですね。そこできっぱり禁煙しようとしたのですが、すぐには止められませんでした。「これが最後…」と買ってしまう。


この時の思考は「たばこは吸ってはいけない。絶対に!」と自己規制するものでした。


しかし、そう思えば思うほど意識から離れてくれず、結局1本また1本と、ズルズルと失敗を繰り返していました。そんな自分に段々怒りが込み上げてきて「ないと不安だから、家には置いておく! 吸いたければ、吸っても良い。」といってやりました。


自分を肯定し「禁煙中だけど、吸いたいときは吸っていいんだ。」と、楽な気持ちで禁煙生活を過ごしていました。



すると次第に「吸わなくても平気」になっていき、そのまま自然に禁煙することができたのです。何の苦痛もなく。


「認識」が変わることでセルフイメージも変わり、セルフイメージが変わるからこそ行動も変わり、結果として禁煙に成功できたのです。

(僕が人生から学んだこと『自分を変える方法』より引用)


まさに其の通りでした。


自分が望む現実を構成する要件に「相反」する

条件を手放す 


「ネックとなっている条件(こだわり)を手放せば、願いが実現する。だけど…手に入れたいけど、手放せない。欲しいけど、渡したくない。」という、ジレンマに陥ってしまうんですよね。


ストレス要因を排除したいのに、排除できない。