自信がなくても輝ける! 自分の魅力を知る方法



「自分の魅力って何だろう?」そんなことを考えたことはありますか?ストレスをかけず向上したいと思った時に、一度は考えるお題ですよね。


とはいえ、自問自答してもすぐに正確な答えが出てくる人は少ないと思います。


そこで、魅力とは何かについて掘り下げて考えてみました。


 

自分が心から楽しいと思うことが、魅力の原石

 

「魅力」の定義ですが、辞書には 『人の気持ちを引きつけて夢中にさせる力(コトバンクより)』 とあります。


この定義をそのままとると 「そんな力、持ってないよ」って萎えますが、人の気持ちを引きつける力とは一体何なのか? 話が上手い人、流行に敏感な人、オシャレな人、趣味や仕事に打ち込んでいる人など、注目を浴びるタイプの人物像が頭に浮かんできますが、そんな人達に共通する点は何かというと、「好きなことを楽しんでいる」 ということなんですよね。



決して表面的な理由ではありません。


心から楽しいと思うことにのめりこんでいる人は、突き抜けているし、ポジティブな空気を醸し出しているので、その空気を感じ取った側も、普通に気持ちが良いんですよね。



 

大切なお金の流れに着目すると、そこに在る。

「自分が一番お金を流しているものは何か?」

 

とはいえ、「自分が心から楽しいと思うことが判らないから困っているんだ」という人は、過去1年の支出を振り返ってみてください。何に使っているのか。灯台下暗し。きっと、納得できる答えが見つかるはずです。


旅行、車、本、お酒、カフェ代、美容代、スマホゲーム、コンビニ、子供服…


恐らく、改めて支出を算出してみると、新しい発見などなくて、がっかりするかもしれません。

でもそれなんですよ!「自分にとっては、極々、当たり前」に使っているお金。

まずそれに注目してください!


生活必需品以外の消費をゼロにした時に、それでも譲れないものがあるはずです。これだけは支出を抑えたくないという「当たり前」が。


「当たり前」に着目して、意識して楽しんでみましょう!できれば何らかのアウトプットをしていけるとなお良しです。


ちなみに私は「本」でした。


 

まとめ

 

最後に、私自身も「自分が心から楽しいと思うこと」がなかなか定まらず悶々とした日々をおくっていた時に、大きなヒントを得ることができた以下の素敵な言葉を紹介してまとめとします。


人生を楽しいものに変えていくことでお金をもらい、私の日常を楽しくしてくれる物や人達にお金を使っていく。

(『[次の一手]が見つかるヒント』より引用)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連記事

自分らしく「より良い人生」を送るために意識したい、たったひとつのこと


関連記事

人を惹き付ける “力” の正体