何のために働いているのか?



「漁師と億万長者の話」


その昔、東京でサラリーマン生活をしていた独身時代、「漁師と億万長者の話」に出会いました。田舎でのんびり暮らしている漁師と、ビジネスで成功した旅行者との会話から、「価値観の違いによる人それぞれの生き方」が描かれています。多くの人が耳にしたことがあるであろうこの話。教訓をどうとらえるか?によって、賛否両論あると思いますが、私は、この話にものすごく共感して影響を受けた一人です。


この話については沢山の方が考察されています。この記事を書くにあたり、参考にさせていただきました。様々な見方・捉え方があって面白いです。


(参考元 1) 「漁師とビジネスマン」で早期リタイアを考えよう

(参考元 2) 漁師と億万長者の話で得るべき教訓は間違っている




「人生の歩き方」について考えるための2つの問い


さて、この「漁師と億万長者の話」を始めて知った時の私の生活はというと、好きな仕事に就き、仕事そのものは楽しく、充実感を持って働いていました。


しかし、サラリーマンという働き方に、窮屈さを感じていて、その感覚は、長年務めても、他の会社に移っても、解消することはありませんでした。


『「出社さえしていれば毎月の収入は保証されている。だからこそ自由があるのだ」と人は言う。それなのに、サラリーマンを苦に思う自分は、なんて不自由なんだろう…。』


そう思って落ち込んでいた時期に冒頭の話に触れ、「人生の歩き方」について深く考えさせられました。



そして、次の2つを自分に問いかけました。

  1.  自分は何のために働いているのか?

  2.  自分は人生に何を求めているのか?


自問自答して出てきた答えは、

  • 「生き甲斐」として働きたいし

  • 「時間を自由に使える生活」を求めている

ということでした。



「自分の好きなことをやって、人に喜んでもらって、お金を得る」そのために情熱を注ぐことができる喜びはとても大きい。だからといって、生き甲斐(仕事)のために、求める自由(時間を自由に使える生活)を犠牲にしたくはない、と。



こうして「自分が本当に大切にしていること」を理解することができ、常識から解放されたのですが、その時の心地よさを今でも覚えています。


まとめ


人は人、自分は自分。求めるものや価値は様々。


自分で自分のことをきちんと把握できていれば、何事も自信を持って判断できるようになるし、変化することを恐れたり、闇雲に不確かな未来を悲観することもなくなります。


「自分の中の譲れない価値観」は、それだけ大きな作用をもたらす、心強い支柱になるんだなと思います。




関連記事

より良いものを選ぶ「基準」を持っていると、人生が劇的に変わる

関連記事

仕事は好きだけど働きたくない!ストレスフリーな生活をするために、知っておきたい『自分に合った働き方』


関連記事

自分で決めた「働き方」で、自分で決めた「収入額」を得るために試行錯誤する日々が、実は一番楽しいという気付き





■特別編集記事
記事83.png
夢を叶える秘策
人生を楽しくするコンセプト
Life Conceple

ストレスフリーな生き方、それは、コンセプトがある暮らし。

ストレスフリーな生き方とは「精神と仕事の充実を図ること」。
「Life Conceple(ライフコンセプル)」では、暮らしの中にもデザイン思考を取り入れて、楽しく創造的に、人生の目標達成・自己実現する手がかりをお届けします。

© 2016 ライフコンセプル. All right reserved